乳酸菌のあらゆる特性

乳酸菌とヨーグルト

細菌には、病気を起こす恐ろしい細菌類から、人間に役立つ働きの有用菌類までその種類や働きは多様です。
乳酸菌も目に見えない細菌のひとつです。
乳酸菌は対象物を代謝して乳酸を出す細菌類の総称で、「乳酸菌」の種類や働きも多種多様です。
乳酸菌は食品の発酵に関わり、ヨーグルトから、乳酸菌飲料、各種漬物まで多種多様な乳酸菌があります。
ここではその中の乳酸菌とヨーグルトの働きや効能について説明します。

乳酸菌は細菌の生物学上の分類名ではなく、発酵により乳酸を産生するものをいい、悪臭の原因となる腐敗物質を生み出さない性質のものをいいます。

乳酸菌の種類による分類


〇ホモ乳酸菌
TCA回路を有さず、乳酸のみを作り出します。

〇ヘテロ乳酸菌
酢酸やアルコール、ビタミンCなど乳酸以外のものを同時に産生するものをいいます。

乳酸菌の形状による分類


〇乳酸球菌(ラクトコッカス、ロイコノストック、ベティオコッカス、ストレプトコッカス)
上記に分類され、さらに種類に分類されます。文字通り球状の形です。

〇乳酸桿菌(ラクトバチルス)
桿状のもので長い棒状の形です。

人体に常駐する善玉菌の種類


◎腸内に常駐する乳酸菌
人間の腸内にも多種多様な100兆もの細菌があり、乳酸菌は善玉菌として腸に常駐しています。
善玉菌である有用菌の乳酸菌と悪玉菌や日和見菌のバランスにより、腸内環境が整います。

◎口腔内に常駐する乳酸菌
口腔内だけに生息している乳酸菌は、LS1乳酸桿菌で歯周病菌を抑制します。
LS1乳酸桿菌は、歯周病菌だけに殺菌効果があり、虫歯菌への殺菌効果はなく、虫歯は増殖を抑える作用のみがあります。

◎乳酸菌より多く腸内に住み着いているのがビフィズス菌です。
ビフィズス菌もさらに種類があり分類されます。

◎乳酸菌の一種のアシドフィルス菌
ヒトの腸内に常駐する乳酸菌の一種で、熱や酸に強く直接腸に働きかけて、腸内環境を改善します。
アシドフィルス菌は腸内や口腔や生殖器に存在し、その形状から棹菌(ラクトバチルス)に分類されます。
特に母乳の初乳に多く含まれます。

◎アシドフィルス菌はヨーグルトの中でも生きている
アシドフィルス菌は熱や酸に強く、他の乳酸菌は酸素を嫌い死んでしまうのに、アシドフィルス菌は生き残ります。
腸まで生きて届く乳酸菌ヨーグルトはアシドフィルス菌です。

有用菌で乳酸菌とは違うビフィズス菌

ビフィズス菌もヒトの腸内に常駐する有用細菌で、腸内で1~10兆のビフィズス菌が住んでいます。
乳酸菌はビフィズス菌の1/10000~1/100以下しか住んでいません。

乳酸菌は乳酸を作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸以外に酢酸を作り出し、善玉菌として働きます。

また、乳酸菌は通性嫌気性で、酸素があっても生育できます。
自然界一般に生息し、ヒトや動物の腸内の他、乳製品や、漬物など一部の発酵食品に生息します。
一方ビフィズス菌は偏性嫌気性で、酸素があると生育できません。
生息場所は主にヒトや動物の腸内です。

乳酸菌の他、ビフィズス菌も入っているヨーグルトの方が効果も高いです。

◎一般的ヨーグルト
ブルガリア菌とサーモフィラス菌で発酵します。

◎ビフィズス菌入りヨーグルト
ブルガリア菌とサーモフィラス菌にビフィズス菌も加えて発酵します。
ビフィズス菌はヒトの腸内に常駐する善玉菌なので、腸内環境がさらに良くなります。

ヨーグルトの中で多くの乳酸菌は死にますが、死んだ乳酸菌も有用です。
死んだ乳酸菌は腸内に生息する乳酸菌の、エサとなって善玉乳酸菌を増やし、腸内環境を整えます。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

◎プロバイオティクスは
生きた乳酸菌そのものを摂取することで、腸内環境を整えます。

◎プレバイオティクスは
乳酸菌のエサとなるものを摂取することで、腸内環境を整えます。

ヨーグルトは目的によって食べ分けたいですね。
自分の腸と相性の良いヨーグルトを選ぶのも良いですが、毎回違ったタイプのヨーグルトを食べるほうが、腸内の善玉菌が活性化するという報告もあります。

またメーカー開発の「乳酸菌の種類によるヨーグルト」は、その効能も様々です。
目的別にヨーグルトは選んでいただきたいですね。

page top