乳酸菌のあらゆる特性

乳酸菌歯磨きで口臭・虫歯・歯周病予防

乳酸菌といえばお腹にいる善玉菌として知られていますが、実は口腔内にも乳酸菌は居ます。
それはお腹にいる乳酸菌とは別の乳酸菌です。
口内には実に約700~800種類の菌が居て、個人差はありますが、100億から1兆個もの細菌がせめぎあっています。
腸内と同じように、人体に有益な善玉菌と、有害な悪玉菌の戦いです。
悪玉菌が優位になると歯周病は悪化していきます。

口臭・虫歯・歯周病の原因菌

口の中の悪玉菌が口臭・虫歯・歯周病の原因です。

◎口臭の原因
虫歯、歯周病、プラークバイオフィルム(歯垢、歯石、歯のネバネバ)、舌苔が原因で口臭が発生します。

◎虫歯の原因
虫歯の原因菌もいくつかありますが代表的なものはミュータンス菌です。
ミュータンス菌は、砂糖を分解してグルカンを作ります。
グルカンはネバネバしていて歯の表面にくっつき、様々な悪玉菌がくっつきます。
そして悪玉菌の塊であるプラーク(歯垢、歯石)を作ります。
またミュータンス菌は砂糖を分解するときに酸を作り出して歯を溶かします。
これが虫歯です。
ミュータンス菌を完全に取り除くことは難しく、唾液により感染します。
生まれたての赤ちゃんの口内にはミュータント菌はおらず善玉菌ばかりです。
虫歯になるのは、ツバの付いた箸などから大人のミュータンス菌が移るためです。

◎歯周病菌の種類
P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
T.f.菌(Tannerella forsythensis)
T.d.菌(Treponema denticola)
P.i.菌(Prevotella intermedia)
A.a.菌(Actinobacillus actinomycetemcomitans)
他にも合わせて10種類以上の歯周病菌が見つかっています。
歯周病菌も歯茎の裏から内部にも定着し生体の防御反応よりも強く、生体を破壊する毒素や酵素を持っています。
骨を溶かし全身に歯周病菌は周り、深刻な病態の原因になったりもします。

国民の8割が歯周病?

歯周病は20代で約7割、30~50代は約8割、60代は約9割もがかかるといわれています。
口臭はなかなか自覚症状がなく、歯周病初期を本人がわかっていない事も多いです。
口内にも腸と同じように口内フローラが存在し、善玉菌、悪玉菌、日和見菌によるフローラ(お花畑のような)が存在します。

口臭や虫歯、歯周病がある口内は悪玉菌優位の環境になってしまっているのですね。
お口の細菌は、傷があると血管から悪玉菌が体内に侵入し、様々な疾患の原因にもなります。
全身の健康にもかかわるのが口内フローラなのです。

赤ちゃんのお口の中にいる善玉菌

健康な赤ちゃんは、お口が臭いなんてことはまったくありませんね。
むしろ良い匂いがします。
赤ちゃんのお口の中は善玉菌完全優位です。
その赤ちゃんの善玉菌として発見されたのがLs1という乳酸菌です。
Ls1は、ラクトバシラス サリバリウスT12711といいます。

◎歯周病菌を死滅さすLs1乳酸菌
東海大学の古賀教授が行った研究によると、Ls1と歯周病菌のジンジバリス菌をいっしょに培養したところ、24時間後にはほとんどの歯周病菌が死滅した結果が出ています。

◎ロイテリ菌
ロイテリ菌は母乳から発見された乳酸菌です。
広島大学歯学部付属病院の二川講師らグループが調べたところにわると、ロイテリ菌に虫歯菌の発育を阻止する効果をつきとめました。
ロイテリ菌3に虫歯菌1を混ぜると90%の虫歯菌の発育が抑えられたそうです。

◎L8020菌
虫歯や歯周病菌のまったくない健康な子供の口から発見された乳酸菌です。
020菌を入れたヨーグルトでは口内の虫歯菌と4種類の歯周病菌が減少したという報告があります。
L8020はガンジダ菌にも抗菌性があります。

◎WB21菌
健康な人の口内から見つかった乳酸菌で、バリアー機能がありピロリ菌や虫歯菌、歯周病菌やガンシダ菌を抑制します。

無糖ヨーグルトで歯を磨きますとサッパリします。
朝起きても口の中が粘つきません。
ただしヨーグルトの酸で歯のエナメル質が弱くなります。
アパタイト入りの歯の石灰化を促進する歯磨きと交互に使うと良いかもしれません。

まだまだお高いですが、様々なタイプの乳酸菌歯磨き粉や、乳酸菌洗口剤、乳酸菌タブレットが出ています。
口臭や虫歯、歯周病の予防には、毎日の歯磨きが欠かせませんが、なかなか歯の隅々まで原因菌を除くのは難しいですね。
歯の隅々までいきわたる乳酸菌の力で悪玉菌の駆除を毎日続ければ、口内フローラの改善に大いに役立ち、悪玉菌による全身疾患リスクも下がっていきます。
口内環境改善に、ぜひ乳酸菌を摂りいれられてはいかがでしょうか。

page top