乳酸菌のあらゆる特性

乳酸菌が育つには

乳酸菌は私たちの身体にとって良い作用をもたらす微生物ですね。
乳酸菌が不足すると様々な体調不良が出てきます。
不足すると起こる症状や、乳酸菌の働きで健康になる仕組みはどのようなものでしょう?
大切な乳酸菌が育つにはどのようにすれば良いでしょうか。

乳酸菌は英語では、ラクティックアシドバクテリアといいます。
バクテリアには怖い細菌も含みますね。
乳酸菌は人体にとって有用な作用をする有用菌なのですね。
善玉菌ともいいます。
乳酸菌が豊富にあると整腸作用は高まりますし、便も臭くありません。
体臭も乳酸菌が豊富ですと、悪臭の原因菌を抑制してくれるので臭くなりません。
お口の中も乳酸菌のおかげで虫歯や歯周病菌に負けない健康な口内環境が築けます。
乳酸菌は生活習慣病も抑制し、健康的な身体にしようとする作用がある、人間にとって大切な微生物なのです。

善玉菌である乳酸菌が不足すると悪玉菌が優位になって、いろいろ悪さをします。
悪玉菌優位になると起こることの一部を紹介します。

〇毒素が増える
腸内が腐敗し、便秘になったり、下痢になったり、吹き出物ができたり、毒素が身体に周り、内臓疾患の原因にもなります。

〇消化吸収が落ちる
腸内環境悪化により、乳酸菌が作っていた栄養素も不足し、便秘により腸の消化吸収力が落ちます。

〇免疫力が落ちる
乳酸菌が悪玉菌をやっつけていたのが悪玉菌優位になり、病原菌への抵抗力が落ち、風邪をひきやすくなったり、様々な疾患にかかりやすくなります。

〇アレルギーが増える
乳酸菌は花粉症を軽減し、免疫システムを正常に保つ助けをしていたのがなくなると、アレルギー過剰反応を起こしやすくなり、アレルギーやアトピーが悪化します。

〇腸で作られるホルモンバランスが崩れます
ガンになりやすくなったり、老化が進み、肌荒れや、鬱病などの精神バランスも崩れやすくなります。

〇ストレス過多になる
乳酸菌がストレスを軽減していたのが、腸内環境がストレスを高め、さらに腸内環境を悪くしたり、胃酸の分泌も減り、ピロリ菌がのさばり、胃がんになりやすくなったりします。

〇生活習慣病にかかりやすい
乳酸菌が守ってくれていた身体の防御システムが崩れ、感染しやすくなり、内臓が傷つけられやすくなります。

〇老化がすすむ
皮膚の老化も善玉菌に守られていたのがなくなると、肌荒れになったり皮膚病にもかかりやすくなります。

〇口内細菌も悪玉菌優位になる
口内も乳酸菌が虫歯菌や歯周病菌をやっつけてくれていたのが、悪玉菌優位になり、虫歯や歯周病が悪化します。

乳酸菌を育てるには?

乳酸菌とは、乳製品や野菜などから糖分を分解して乳酸をつくり身体の悪玉菌を駆除してくれる働きがあります。
そのような有益な乳酸菌を育てるにはどうしたら良いでしょうか?
◎ヨーグルトを食べる
甘くないヨーグルトが良いです。
プロバイオティクスと書かれているものが高機能です。

◎発酵食品を食べる
納豆も善玉菌の仲間で乳酸菌とたすけあって腸内環境を守ります。
味噌や漬物も乳酸菌が豊富です。

◎乳酸菌サプリを飲む
実はサプリメントの使用が大量の乳酸菌を摂るのに一番有効です。
いろんな乳酸菌サプリを飲んでみて身体に合うものを飲んでください。

◎オリゴ糖を含む食品を摂る
オリゴ糖は乳酸菌のエサとなり乳酸菌を育てます。
オリゴ糖そのものを砂糖変わりに調味料にしても良いですが、砂糖を添加してあるオリゴ糖はさけましょう。
砂糖は悪玉菌のエサになります。
オリゴ糖が多い食材としては、豆類や根菜です。
特に大豆、いんげん、ごぼう、エンドウ豆、ソラマメ、玉ねぎ、にんにくなどに含まれます。
豆乳もオリゴ糖を含むので乳酸菌にプラスです。
肉ばかり食べていると悪玉菌優位の腸内環境になります。
野菜もたくさん食べましょう。
食物繊維の多い青汁もオリゴ糖を含み乳酸菌を応援します。

乳酸菌は死んだ乳酸菌も腸内で乳酸菌のエサになり乳酸菌を育てます。
日々の生活から乳酸菌を育てる意識で、発酵食品を食べ、乳酸菌のエサになる食材をとりいれましょう。
乳酸菌を育てることは、私たちの健康を育てることにつながります。
ぜひ乳酸菌優位生活を続けてくださいね。

page top