乳酸菌のあらゆる特性

乳酸菌の一日の摂取目安量は

乳酸菌が身体に良いらしいけれど、どのくらいの量を摂取したらいいのでしょうか? また、どのタイプの乳酸菌を選べば良いのでしょうか? 乳酸菌の一日の摂取目安量について調べてみました。

乳酸菌の一日の摂取量

乳酸菌には副作用はありませんので、いくらでも摂取してかまわないわけですが、だいたい死菌で1兆個が一日の目安とされています。
乳酸菌は死菌でも腸の中で乳酸菌のエサになり、乳酸菌としての効能があります。
生きた菌でもほとんどは胃液により分解されて、乳酸菌のエサになります。
生きて強くて腸内に定着する菌ですと、もう少し少なくても効果があります。
サプリメントの場合は一日の摂取量が書いてありますので、ご自分の腸の調子を見て増減されると良いと思います。

ヨーグルトならどれくらい食べればよいでしょうか。
ヨーグルトの種類にもよりますが、プレーンヨーグルトで一日に100gから400gが適切とされています。
平均的なプレーンヨーグルトで250mlに乳酸菌は20億から30億といわれています。
1兆個の乳酸菌にするには4個前後食べなければなりませんね。
乳酸飲料の小さい容器には150億個の乳酸菌がいるそうです。
1兆個にするには一日に6本飲む必要がありますね。
ちょっと大変ですね。
乳酸菌はヨーグルトだけでなく、漬物や生味噌や、発酵食品にも含まれていますし、オリゴ糖の多い食品や、生野菜も乳酸菌摂取に効果的です。
納豆菌も乳酸菌と協働で効果を発揮します。
b また、乳酸菌の大部分は胃液に弱いので、空腹時をさけて食後に食べたほうが良いです。
一回で全部食べるより、朝昼晩の食後に食べると効率的に乳酸菌が摂取できます。
もし1回で食べる場合は夜ご飯のあとがおすすめです。

夜ホットヨーグルトのすすめ

乳酸菌は死滅しても前述のように効果はありますが、生きて腸まで届くとされているヨーグルトは、温めて活性化させてから食べたほうが菌も増えて効果的です。
温めすぎても菌は死んでしまいますので40度~50度くらいに温めましょう。
乳酸菌によれば80度くらいでも生きている菌もありますが40~50度くらいであれば乳酸菌が最も活発になる温度です。
お使いのレンジにより温め機能が違いますので、20秒から30秒ずつチンして温度を確かめてくださいね。
一口食べて生温かい程度が適温です。
湯煎でも良いですよ。
一口、口にして温度を確かめてくださいね。

乳酸菌それぞれの効能

乳酸菌は量より質といわれています。
乳酸菌のどのような効能を求めるかで選ぶべき乳酸菌もかわってきますね。

◎ブルガリア菌(整腸作用、悪玉菌の有害物質生成を抑制)

◎KW乳酸菌(アレルギーの免疫バランスを整える)

◎乳酸菌シロタ株(胃液や胆汁にも強く生きたまま腸内に届きビフィズス菌を増やし整腸効果)

◎プラズマ乳酸菌(免疫力アップ、風邪やインフルエンザ予防)
◎LG21乳酸菌(胃酸に強く、ピロリ菌を抑制)

◎L-92乳酸菌(アトピーや花粉症予防)

◎モラック乳酸菌(インフルエンザ予防)

◎ガゼリ菌SP株(生きたまま腸に定着)

◎フェカリス菌(免疫力アップ、花粉症、アレルギー予防)

◎ラブレ菌(植物性乳酸菌、過酷な環境でも生きている強い菌)

特にアピールするところのみ書きましたが、いずれの菌も整腸作用があり、免疫力アップ作用があります。
乳酸菌の効果効能は、個人の腸の腸内フローラにより違ってきますので、いろんなタイプの乳酸菌を少なくとも2~3週間続けてみて確かめる必要があります。

また、毎回違ったタイプの乳酸菌を摂取するほうが、腸内乳酸菌やビフィズス菌の抵抗力が高まり活性化するともいわれています。
人により、合わないタイプの乳酸菌を摂ると、下痢をしたりガスが多くなったりすることもあります。
また、なんの反応もない乳酸菌もあります。
いろいろ試して、自分の腸がもっとも調子よくなる乳酸菌を見つけてください。
そして乳酸菌の摂取は毎日続けることで効果を発揮します。

page top