乳酸菌のあらゆる特性

乳酸菌ラクトバチルスの特徴

ラクトバチルス菌はいろんなヨーグルトにも入っていまして、CMでもよく見聞きしますね。
私たちの腸や口内、性器にもいる代表的な菌です。
そのラクトバチルス菌も多くに分類されます。
乳酸菌の代表菌種でもあるラクトバチルス属とは、どのような特徴があるか調べてみました。

ラクトバチルス属

グラム陽性桿菌でありラクトバシラスとも呼ばれます。
ラクトバチルス属の乳酸菌は自然界に70種類以上も存在しています。
ラクトバチルス菌は、ヒトの腸内や口腔、生殖器にも存在する乳酸菌で、特に初乳に多く含まれます。

ラクトバチルス菌はプロバイオティクスとして様々な効果があります。

〇整腸作用
〇免疫力アップ
〇口臭予防
〇胃炎や胃潰瘍予防
〇抗炎症作用

ラクトバチルス属の乳酸菌種は以下のようになります。

〇ラクトバチスル・デルブルエッキ亜種ブルガリカス
動物性でミルクやチーズ、発酵乳などに生息しています。

〇ラクトバチルス・アシドフィルス
初乳に含まれる乳酸菌で、整腸剤やヨーグルトにも多数利用されています。
ビオチンの生成に役立ちます。
ピロリ菌に対して殺菌効果がある。
小腸や膣内において、カンジダ菌を抑制します。
血中コレステロールを下げる効果があります。

〇ラクトバチルス・カゼイ
L・カゼイYIT9029株(シロタ株)、L・カゼイNY1301株(ヨーク)、 L・カゼイBC90株(アルビン菌)、LカゼイK-1株(米由来)、LカゼイK-2株(酒粕由来) カゼイ菌は善玉菌を助けビフィズス菌を増やします。
アトピーや花粉症を改善します。

〇ラクトバチルス・プレービス・サブピーシス・コアグランス
通称ラブレ菌、京都のすぐき漬けから発見された植物性乳酸菌です。
免疫力を向上させます。
生きて腸まで届く強い菌です。

ラクトバチルス菌は虫歯菌の一つだった

ラクトバチルス菌はミュータンス菌と共存して虫歯を進行させます。
身体にとっても良い効果のあるラクトバチルス菌が、実はお口の中では虫歯を進行さす虫歯菌だなんて、驚きますよね。
虫歯菌はミュータンス菌が有名ですが、ミュータンス菌も糖を分解して、酸を出し歯を溶かしますが、ミュータンス菌よりも強い酸をだして歯を溶かすのがラクトバチルス菌なのです。
しかしラクトバチルス菌は悪玉菌ではありません。
糖を分解して強い酸を出すので、みがき残しがないように、ハミガキすれば、ラクトバチルス菌は酸を出しません。
甘い物が残らないように、食べたらしっかりハミガキしましょう。

また、ラクトバチルス菌の仲間にも、虫歯を抑制する働きを持つものがいます。
口内用乳酸菌としてタブレットやハミガキやヨーグルトになっているものもあります。
歯周病菌や虫歯菌を殺菌する働きがあります。

◎ラクトバチルス・サリバリウス・LS1菌
(L8020としてタブレットやハミガキやヨーグルトもあります)

◎ラクトバチルスロイテリ菌
整腸作用の他、ピロリ菌や歯周病菌、虫歯菌の発育抑制効果があります。

ラクトバチルス菌は 住み着く場所や、エサとなる糖の種類などで種類がわかれます。
それぞれ働きも違うようです。
まだまだ働きがよくわかっていないラクトバチルス菌もたくさんあります。
製品化されているラクトバチルス菌は、その効能がわかっているもので、身体に良い効果をもたらす有用菌ですから、積極的にアシドフィルス菌入りヨーグルトやタブレット、サプリメントを摂っていただきたいですね。

page top